【ExcelVBA超入門】マクロを初めて作るための設定・方法とは?




こんにちは、ネコ好きフリーランスエンジニアのSiroです。

皆さんは、エクセルを使っていてこんなうわさを聞いたことがありませんか?

マクロを使えば業務がとても効率的になるらしい!

ただ、どの技術記事も専門的な要素が強すぎていまいち使い方がわからなかった、、、という方も多いのでは?

そこで今回は、超初心者でもマクロを作って動かすための方法をご紹介します!

Siro
エクセルマクロ?VBA?を使えば業務がとても効率的になるらしい!
さっぱりわからないけどこの記事を読んで第一歩を踏み出すぞー!ゴゴゴゴゴ

マクロとは?VBAとは?

いきなりマクロを作る前に簡単にマクロ、VBAの意味について説明します。

マクロとは、エクセルの操作を自動化する機能です。

データを入力した結果を別シートにコピーしたり、CSVからインポートしたデータをもとにグラフを作成したり、Excelの操作であれば全てマクロにして自動化することができます。

そのマクロの中身が、VBAというプログラミング言語でできています。

つまり、「マクロはVBAでできた自動化機能」なわけですね。

マクロを実行するための準備

マクロ機能を使うためには、リボンに開発タブを表示する必要があります。

開発タブは次のような手順で表示することができます。

1. ファイル → オプションを選択

2. リボンのユーザ設定の右側にある「開発」にチェックしてOKボタンクリック

これで、開発タブをリボンに表示することができました。

マクロの記録でマクロを作ってみよう

マクロを作る準備ができたので、マクロを作る方法をご紹介します。

マクロの記録」機能を使えば、手で操作したExcelの操作をマクロとして保存することができます。

マクロの記録 → Excelの操作 → 記録終了

の手順でExcelの操作をマクロとして保存することができるわけですね。

それでは実際に操作方法を説明します。

マクロ作成手順

今回はわかりやすい例として、「選択しているセルに文字を入力するマクロ」を作る手順を説明します。

1. 開発タブにあるマクロの記録をクリック

2. マクロ名を入力し、OKをクリック

3. セルに文字を入力

4. 開発タブにある記録の終了をクリック

これで操作をマクロ化して保存することができました。

マクロ実行手順

次に保存したマクロを実行する手順を説明します。

1. 開発タブにあるマクロをクリック

2. 作成したマクロを選択し、実行をクリック

実行結果

実行後、選択したセルに先ほど入力した文字列(初めてのマクロ登録)が表示されましたね。

ショートカットキーでマクロを戦力化しよう

先ほど作ったマクロですが、「開発タブ→マクロ→マクロ名を選択して実行」の操作を毎回行うのでは、何のためにマクロ化したのかわからないですよね。

効率化の一歩としてマクロを覚えたいにもかかわらず、余計な作業が多くなってしまったのでは意味がありません。

マクロを上手く活用するために、ショートカットキーを登録するのがおすすめです!

ショートカットキーの割り当て手順

1. 開発タブのマクロをクリック

2. オプションボタンをクリック

3. ショートカットキーにキーを入力してOKボタンクリック

これで、次回以降Ctrl + mを押すだけでマクロを実行することができます。

ショートカットキーを外したい場合も同じ手順でキーをクリアすればいいだけなので、よく使うマクロのみショートカットキーを設定すればOKです。

補足:ファイル保存時の注意点

先ほどの説明でマクロの作成、実行手順は終わりなのですが、、、Excelをそのまま保存しようとすると次のような警告がでます。

この警告で[はい]を押してしまうと、マクロなしの状態でExcelが保存されてしまいます。

マクロありでExcelを保存する場合は、ファイルの種類を「Excel マクロ有効ブック(*.xlsm)」にする必要があります。

保存時に間違えてしまわないように、最初にファイルを保存してからマクロを作るといいかもしれませんね。

まとめ

今回は、超初心者でもマクロを作って動かすための方法をご紹介しました。

マクロ化 → ショートカットキー設定」をして、作業を効率化してみてくださいね!

The following two tabs change content below.

Siro

ネコ好きフリーランスエンジニア。
開発、技術、働き方、ツールなどについて発信しています。
楽しく、開発しようぜ!