画像加工をサクッと行うためにおすすめなScreeenspressoとは




こんにちは、フリーライターのシロ(@siro3460)です。

皆さんは、ブログで記事を書くときに使う画像をわかりやすく加工していますか?

素の画像だけでは伝わりづらいものも、矢印、吹き出し、枠、マーカーなどちょっとした加工で伝わりやすくなりますよね。

Siro
画像加工ソフトってなんだか難しそう・・・自分に使えるのかな・・・

と思う方もいるかもしれません。

そんな方におすすめなのが、ScreenPressoです。

ScreenPressoは無料かつ超簡単に画像にちょっとした加工を付けることができます!

そこで今回は、ScreenPressoの魅力・使い方についてご紹介いたします!

補足
本記事では、ScreenPressoの機能の全貌を細かく説明はしていません。

理由は以下の2点です。

1.機能の説明については別のサイトで超丁寧にまとめられている
2.機能の全貌を知らなくても共通的な使い方さえ知れば直感的に使える

そのため、この記事ではScreenPressoの魅力・使い方に特化して説明しています。

先に機能を詳しく知りたい方は、以下がわかりやすくまとまっているのでおすすめです!
>> 高機能なキャプチャソフト「ScreenPresso」が使い方も簡単で凄い便利!

ScreenPressoとは

「ScreenPresso」は、高機能 & 手軽さを実現した画像加工ソフトです。

吹き出し、枠、矢印、マーカーなどを簡単に画像に取り入れることができます。

使い方の流れは、次のような感じです。

操作1:スクリーンショットを取る

操作2:ScreenPresso専用画像置き場から画像をダブルクリック

操作3:吹き出し、枠、矢印、マーカーなどを選んで画像に置く

操作4:サイズや文字の太さなどを調整して保存

ただ、これだけではおすすめな理由が伝わりづらいと思うので、操作が楽なポイントについてご紹介したいと思います。

ポイント1:スクショを取った後画像加工画面を開くまでの操作がとても簡単

他のソフトだと、スクショを取った後、取り込みまたはアップロードする必要があると思いますが、ScreenPressoは保存した画像をダブルクリックするだけで加工画面を開くことができます。

ちょっとしたひと手間かもしれませんが、加工数が増えれば増えるほど1つの作業が減るだけでもめちゃくちゃ重要なんですよね。

とったらサクッと編集すればOKなので、サクサク作業を進めることができます。

ポイント2:よく使う加工表現を設定することができる

冒頭でも少し説明しましたが、吹き出し、枠、矢印、マーカーなどの表現をとても簡単に取り入れることができます。

ただ、

Siro
いくら簡単といっても数が多いと毎回色やサイズを変えるのは大変・・・

と思う方も多いのではないでしょうか。

Screeenpressoなら、よく使う色やサイズの設定を保存しておくことができるのでこの悩みは一発解決できます!!

設定例
・矢印

・吹き出し

あとは、ここから選ぶだけでOKです。

同じサイズ、色、太さであれば記事に統一感が出ますし、毎回変更しなくて良いのは楽ですよね。

このように、痒い所に手が届く機能のついたソフトを無料で使えるのがScreenPressoの魅力だと思います。

ScreenPressoでスクリーンショットをとる方法

次に、スクリーンショットを取る方法について説明します。

ScreenPressoをインストールすると画面の右下にScreenPressoの起動アイコンが表示されます。

アイコンにマウスを置いて右クリックすると次のようなウィンドウが表示されます。

赤枠で囲った部分が、スクリーンショットに使う項目です。

  • サイズを指定しつつスクショする「指定領域のスクリーンショット」
  • 画面全体をスクショする「全画面スクリーンショット」
  • 3秒後にスクショする「スクリーンショット起動を遅らせる(3秒)」

基本的にはこの3つだけ覚えておけば、スクショはOKです!

スクショを取ると次のようにスクショした画像一覧が表示されます。

画像一覧から画像をダブルクリックすることで、加工画面を開くことができます。

補足
少し時間がたつと画像一覧は見えなくなってしまいます。

画面の右下にあるScreenPressoアイコンをクリックすると画像一覧を開くができるので、こちらも覚えておくのがおすすめです!

ScreenPressoで画像加工する方法

次に、加工画面で画像加工をする方法について説明します。

先ほど説明した通り、画像一覧から画像をダブルクリックします。

ダブルクリックすると次のような画像加工画面が表示されます。

画面上部に加工用のメニューが表示され、下部に選択した画像が表示されます。

基礎的な加工基本

次に、基礎的な加工方法を説明します。

使い方は同じなので、吹き出しの追加方法を例に説明しています。

1. メインタブの右側にあるアイコンを選択

2. デザインテンプレを選択し、配置したい場所をクリック&ドラッグしてサイズを決める

3. 文字を入力する

4.配置した吹き出しを右クリックして描画オプションを選択

5. サイズ、文字サイズなどの設定値を変更

これで加工完了です。

今回は吹き出しを例にしましたが、矢印、枠、マーカーなど他の機能も使い方はほぼ同じです。

画像に設置した後、描画オプションで値を変えるだけ」なので、操作も簡単ですよね。

描画オプションのプロパティを保存する方法

また、操作が楽なポイントで説明した通り、描画オプションの設定は保存することができます。

描画オプションの下にある基本設定をクリックし、既存のテンプレ or 新規クリックで設定を保存することができます。

まとめ

今回は、画像に加工を加えるためのScreenPressoの魅力・使い方についてご紹介しました。

ScreenPressoを使えば、ちょっとしたひと手間でわかりやすく画像を編集することができるます。

使い方も簡単なので、ぜひ使ってみてくださいね!

The following two tabs change content below.

Siro

ネコ好きフリーランスエンジニア。
開発、技術、働き方、ツールなどについて発信しています。
楽しく、開発しようぜ!