Slackの機能をフル活用して学習を加速させる方法とは?




こんにちは、フリーランスエンジニア兼テックライターのしろ(@siro3460)です。

皆さんは、Slackを上手く使いこなせていますか?

「せっかく有益な情報が手に入るコミュニティに参加したのに、上手く使いこなせていない・・・」という方も多いのではないでしょうか。

また、ネットでググればSlackの使い方はたくさんでてきますが、学習に特化してSlackの使い方をまとめている記事は少ないですよね。

そこで今回は、Slackの機能をフル活用して学習を加速させる方法について解説します。

こんな人におすすめ
  • Slackを使って効率的に学習を進めたい人
  • Slackの学習コミュニティに入っているが、上手く使いこなせていない人

Slackの機能をフル活用して学習を加速させる方法とは?

Slackの使い方を解説する前に、学習をするときの悩みを考えてみましょう。

学習するときは、次のような悩みがあるのではないでしょうか。

何かを学ぶときの悩み
・悩み1:学んだことを忘れてしまう
・悩み2:学習が習慣化できない
・悩み3:質問しても意図した答えが返ってこない

上記の悩みは、Slackを上手く活用することで解決できます。

悩みが解決できれば、スムーズに学習を進めていくことができますよね。

そのため、それぞれの悩みに合わせて、おすすめのSlackの使い方を解説しますね!

悩み1:学んだことを忘れてしまう

Slackの学習コミュニティに入っていると、質問に丁寧に回答してくれる方がいたり、有益な情報をシェアしてくれる人がいたり、学びが多いですよね。

コミュニティのオーナーによっては、週報やWikiのように有益情報をまとめてくれる方もいますが、、、ぶっちゃけ稀です。

また、せっかく学んだことでも、時間が経てば忘れてしまいますよね。

そのため、有益な情報を忘れない&すぐに引き出すテクニックを覚えておくことがおすすめです。

解決方法1:スター機能を活用する

Slackには、メッセージをブックマークしておく「スター機能」があります。

保存したいメッセージの上にマウスを置くと、次のようにいくつかメニューが出てきます。右から二番目にある「☆」のアイコンがスター機能です。

スター機能を押すと、次のようにスターを付けたことがわかるように、投稿の背景色がすこし黄色くなります。

この手順で良いなと思ったメッセージにスターをつけていくことで、メッセージをブックマークすることができるのです。

ちなみに、スター機能はユーザーごとに設定ができるので、いくら自分がつけても他の人に影響はありません。どんどんつけていけばOKです。

スターをつけたメッセージの一覧は、画面右上にある「☆」アイコンをクリックするだけで確認ができます。

「メッセージを確認する」をクリックするだけでメッセージを見直すこともできますし、不要だと思ったときは一覧からスターアイコンをクリックして簡単に解除もできます。

スター機能を使いこなせば、有益情報が埋もれても探しやすくなりますね。

解決方法2:リンクをコピーしてDMにメモする

スター機能だけでも有益情報は取りこぼしにくくなりますが、スターを付けた数が多すぎると、自分が見たい情報を探すことが大変ですよね。

スター機能はカテゴリ分けして保存ができないため、カテゴリ分けして見やすく保存する方法も覚えておくのがおすすめです!

Slackでは、メッセージのリンクをコピーすることができます。

コピーしたリンクを次のようにカテゴリ分けしてメモしておくことで、忘れたときも見やすくなります。

■エラー解決のノウハウ
https://〇〇〇〇.slack.com/archives/xxxxxxxxxx/p123412341234
https://〇〇〇〇.slack.com/archives/xxxxxxxxxx/p123412341235
https://〇〇〇〇.slack.com/archives/xxxxxxxxxx/p123412341236
https://〇〇〇〇.slack.com/archives/xxxxxxxxxx/p123412341237

■質問の仕方
https://〇〇〇〇.slack.com/archives/xxxxxxxxxx/p223412341238
https://〇〇〇〇.slack.com/archives/xxxxxxxxxx/p223412341240
https://〇〇〇〇.slack.com/archives/xxxxxxxxxx/p223412341270
https://〇〇〇〇.slack.com/archives/xxxxxxxxxx/p223412341220

■その他有益情報
https://〇〇〇〇.slack.com/archives/xxxxxxxxxx/p523412341273
https://〇〇〇〇.slack.com/archives/xxxxxxxxxx/p623412341277

メッセージリンクをコピーして上記のようにまとめる方法は、次のとおりです。

1. メッセージの上にマウスを置いて「・・・」をクリック

2. リンクをコピーをクリック

3. 自分のダイレクトメッセージを開いて、リンクを貼りつけ

送信ボタンをクリックすると、自分宛てにメッセージを送ることができます。

2回目以降は、メッセージを編集して追記していきましょう。メッセージの「・・・」をクリックして「メッセージを編集する」をクリックするだけで簡単に編集することができます。

メッセージを編集してリンクを貼りつけるだけなので、更新も簡単ですよね。

自分が有益だと思った情報を厳選して見やすくまとめられるので、とてもおすすめです!

補足
ちなみに、前に見た投稿を調べて保存したい・・・という場合は、Slackの検索機能を駆使しましょう。

以下がとてもわかりやすくまとまっていたので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

参考:大流行中・Slackの使い方【検索の小ワザ】隅々まで徹底解説!(保存版・8/全10回)

解決方法3:リマインド機能を駆使する

「スター機能 + 自分のDMでメッセージリンク保存」さえ覚えておけば、有益情報の取りこぼしは減ると思います。

ただ、「有益な記事をシェアしてくれたメッセージを見たけど、今手が離せなくて記事を読む時間がない・・・メモする時間すら惜しい・・・」というケースもあると思います。

後で見ようと思っても、あとで見ること自体を忘れてしまうときもありますよね!

そんなときは、リマインド機能を使いましょう。次のような手順で、メッセージにリマインド設定をかけることができます。

1. メッセージの上にマウスを置いて「・・・」をクリック

2. 「後でリマインドする」をクリックして時間を選ぶ

この情報、後で見たい!」と思ったときは、ぜひ使ってみてくださいね!

悩み2:学習が習慣化できない

何かを学ぶときは、「学習が習慣化できない」という悩みにぶち当たりますね。

Siro
よし、〇〇ができるようになるために毎日学習しまくるぞーーー!!!!!




2週間後


Siro
今日は仕事疲れたな・・・明日やればいっか・・・




2週間後


Siro
全然学べてない・・・


継続して学べば力がつくことはわかっていても、成果がなかなか出なかったり、学習に時間がかかってしまったり、忙しくなって時間が作れなくなったり・・・

さまざまな理由で、学習が習慣化できない方も多いと思います。そんなときは、Slackに尻を叩いてもらいましょう!

Slackでは、次のように書くことで通知する内容・日時を指定してリマインドすることができます。

/remind 宛先 通知内容 日時

例えば、次のように書くことで、「〇〇メディアの記事進捗確認」を6月20日の朝5時にリマインドすることができます。

/remind @しろ 〇〇メディアの記事進捗確認 6/20 5:00

日時指定で単発のリマインドを設定するだけでなく、定期的にリマインドすることもできます。

/remind @しろ 火曜日はブログ書く! every Tuesday 5:00

こちらは、毎週火曜日の5時に「火曜日はブログ書く!」と通知するリマインドの設定です。

曜日 + 時間指定だけでなく、いくつか指定方法があります。

  • everyday 5:00:毎日5時にリマインド
  • every Monday 5:00:毎週月曜5時にリマインド
  • every other Monday 5:00:隔週月曜5時にリマインド
  • every Monday Tuesday 5:00:毎週月曜・火曜5時にリマインド

リマインダー機能を駆使すれば、次のように学習をコントロールすることもできます。

学習のコントロールにリマインダーを活用する方法
  • 毎日15分作業を促すリマインダーを設定
  • 毎日22時に進捗を「#進捗報告」に投稿するリマインダーを設定
  • 隔週で学んだことを整理する記事投稿を促すリマインダーを設定
  • 月に1回、自分の学習を振り返るリマインダーを設定

Slack以外にも通知をする方法はいろいろありますが、1つのツール内で完結できるのは魅力的ですよね。

学習を習慣化させたい方は、ぜひ使ってみてくださいね!

悩み3:メッセージのやり取りが多い

学習していてわからないことがあったときに相談できるのも、Slackコミュニティの魅力ですよね。

ただ、質問してみたものの回答してくれる人が少なかったり、回答が返ってきても知りたかった情報とずれていたり・・・解決できるまで時間がかかってしまうことも多いのではないでしょうか。


先日フリーランスエンジニアの珍獣さん(@mc_chinju)が、学習効率をグッとあげる質問の仕方について記事をアップしていました。

プログラミング学習者向けの記事ですが、良い回答を引き出すためのテクニックが徹底的にまとまっているので、読んでみると回答が返ってきやすくなるかもしれませんね。

参考:学習効率をグッとあげる質問の仕方

まとめ

今回は、Slackの機能をフル活用して学習を加速させる方法について解説しました。

Slackを使いこなすと、学習がめちゃくちゃ加速します。

すぐに試せるものも多いので、ぜひ試してみてくださいね!

The following two tabs change content below.

Siro

ネコ好きフリーランスエンジニア。
開発、技術、働き方、ツールなどについて発信しています。
楽しく、開発しようぜ!