アウトプットできない3つの原因と対策について徹底解説!




こんにちは、フリーランスエンジニアのシロ(@siro3460)です。

突然ですが、こんな悩みを持っている方はいませんか。

Siro
アウトプットを意識して行動できるようになりたいけど、どうすればできるようになるんだろう・・・

アウトプットができるようになると、

・行動力が上がる
・発信力がつく
・資料を作るのが上手くなる
・インプットした情報を整理できる
・アウトプットを意識してインプットできるようになる

など、メリットがとても多いです。

でも、「アウトプットがなかなかできない・・・」と悩む方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、アウトプットができない3つの原因と対策について解説します。

アウトプットできない原因を知る

まず、アウトプットできない原因について考えてみましょう。

・本業が忙しくて時間が取れない
・アウトプットがもともと得意ではなく、何をすればいいかわからない
・誘惑が多くていつも負けてしまい時間が作れない

など、いろいろあると思います。

大まかにまずは、「自分がなぜアウトプットができないのか」を分析するのが大事です。

いますぐ画面やアプリを切り替えて、アウトプットができない原因についてまずは考えてみて下さい。

原因を解決する具体的な手段を考える

次に、原因を解決するための具体的な手段を考えます。

先ほど例に挙げた3つについて、それぞれ解決策を解説します。

本業が忙しくて時間が取れない

まずは、「本業が忙しくて時間が取れない」ケースですね。

日本人は頑張りすぎ & まじめな方が多いので、「本業で疲弊しすぎて動けない・・・」という人は多いのではないでしょうか。

でも、少し考えてみてください。

アウトプットと聞いて、何か凄いもの作ることをイメージしていませんか?

アウトプットといっても、次のような簡単なことから始めればいいのです。

・今日の良かったこと・悪かったことをメモする
・1日1つでもいいからわからないことを調べてメモする
・Twitterで良いなと思ったツイートを毎日1つリツイートする

ブログや、Youtubeや、音声コンテンツなんて作らなくてもOKです。

他の方のすごいアウトプットなんてガン無視で全く問題ありません。

凄いアウトプットをしている人には、そうなるまでの下積み時代が必ずあるはずです。

本業が超忙しい中で「アウトプットを意識して行動できるようになりたい・・・」と思っている時点でとても素晴らしいので、まずは「アウトプットを意識するための最小限の作業」から初めてみるのはいかがでしょうか。

アウトプットがもともと得意ではなく何をすればいいかわからない

つぎは、「アウトプットがもともと得意ではなく何をすればいいかわからない」ケースですね。

このような場合は、まず自分が日々何を学んでいるか?を思い浮かべてください。

本業の仕事でも、趣味でも構いません。

・ビジネス本を読む
・ブログ記事を読む
・Udemyで動画学習をする
・Progateでプログラミングを学習する
・わからないことを調べる

人によって学んでいること・学び方はそれぞれなので、まずはインプットとして何をやっているかを考えるわけですね。

思いつかない方は、「自分がこれから何を学んでみたいか?」でもOKです。

思いついたら、学んだことを忘れないために自分用のメモを書くことから始めましょう。

ただ、メモといっても人によって粒度が違うと思うので、まずは「5分でかけるメモ」にするのがおすすめです。

大事なのは「学んだことを継続してアウトプットすること」なので、「自分が疲れない & 毎日やれそう」な粒度にするのがおすすめです!

誘惑が多くていつも負けてしまい、時間が作れない

つぎは、「誘惑が多くていつも負けてしまい、時間が作れない」ケースです。

Siro
うだうだ言ってないで、まずは動こうよ!

みたいな意見を言っている人もいますが、最高に面白いYoutubeの動画・バズっているツイート・知り合いから紹介されたブログなど、誘惑に手を出しやすい環境が整いすぎなので、正直難しいですよね。

そんなときは、仲間を作って期間を決めて挑戦してみるのがおすすめです。

ある程度の期間継続すると習慣化できるようになるのですが、「ある程度までの期間頑張る」のが大変ですよね。

なので、「週間化するための環境を作ってしまう」ことで、週間化の壁を仲間と一緒に刺激し合って突破しちゃえばOKです!

たとえば、「2週間で毎日学んだことを1行メモするチーム」のように、取り組みやすい最小限のアウトプットでも良いと思います。

「目標を立ててしまった手前、頑張らねば精神」が働くので、ひとりでやるよりも行動しやすくなります。

目標が高すぎるときついだけになってしまうので、「自分ができそうなレベルのアウトプット」を決めてやってみるのがおすすめです。

Siro
え?仲間?そんな仲間どうやって集めるんだよ・・・

と思った方は、オンラインサロンがおすすめです。

私が所属しているオンラインサロンPlayersでは、やりたいことを決めたらだれでもチームを作ることができるので、おすすめです!

月額980円で入れる & 500名ぐらいいるので、人も集めやすくコスパが良い環境かなと思います。

興味がある方は以下からどうぞ!

まとめ

今回は、アウトプットできない3つの原因と対策について解説しました。

少しでも、アウトプットできない悩みが解決できそうでしょうか?



最後に1つだけ大事なことをお伝えします。



この記事を読んでそのまま閉じるのは、すごく勿体ないです。

良いと思ったものをメモするでも良し、ツイートするでもよし、知り合いにLINEするでもよし。

まずは、アウトプットの一歩を動き出してみることが大事です。

僕と一緒にアウトプットに挑戦してみたい方は、Playersでお待ちしているので、お気軽に遊びに来てくださいねー!

ではでは。

The following two tabs change content below.

Siro

ネコ好きフリーランスエンジニア。
開発、技術、働き方、ツールなどについて発信しています。
楽しく、開発しようぜ!